ロードスター値引き

マツダロードスターを値引きして、誰よりも安く買う方法

ロードスターを限界まで値引く方法や、下取り車を高い値段で売却して最安値でロードスターを購入する裏技を公開!

 

これがわかっていないと確実に、10万円以上をします。

 

絶対に忘れてはいけないこと。

 

それは何か。

 

シッカリと解説していきますので、お付き合いください。

 

ロードスターはどのくらい安くなる?値引きの相場は?

まず初めに、値引きの相場がいくらなのかということですが

 

ロードスターの車両本体の値引き額の相場は、8万円。

 

本体値引き額とは別にしてオプションから20〜30%の値引きは出来ます。

 

 一つの例としてオプションを20万円分つければ、そこから4万〜6万円引きをめざします。
本体値引きの8万円とオプション値引き6万円を合わせて、総額で14万円の値引きを目指して交渉しましょう。

 

ただ、値引きの限界はこんなものではありません。

 

まだまだ安く買えます(^^)

 

以下の値引き交渉術をやりさえすれば、ロードスターの実例値引き額以上の値引きが可能となります。

 

下取り車がある場合

 

値引き

下取り車を持っているケースだと、その下取り車を少しでも高い値段で売却する事ができると、その分だけロードスターが安い価格で購入出来るということです。

 

ところが、ディーラーの査定だけであれば、初めはディーラー側から安めの査定額を提案されて、後になってから、

 

「これ以上の値引きは難しいので、下取り車で調整します。」

 

といったように持ちかけてくることがほとんどです。

 

そして、ジワジワと査定額を上げていって

 

お買い得感をアピールして、最後には「これで決めてください!」となるでしょう。

 

これはお客さんのお値打ち感、満足度を満たすために必要な一種のセールステクニックです。

 

一見すると値引き額(下取り額)がスタート時より高くなったみたいに感じられますが、ディーラーの提示した査定額が正しいものであるのかどうか見極めることは非常に難しいです。

 

本当はもっともっと割高な査定額になるかもしれないのです。これが高級車や人気のある車であればあるほどその差は大きくなってきます。

 

中にはやりとりによって、高い査定額をいってくるケースがありますが非常にまれなケースです。
何より、事前にご自身で下取り車を査定に出しておきましょう。

 

限界まで安く買うには、下取り車の価値がわかっていないと危険です。

 

そうしないと、ディーラーの提示する査定額が適正なのか判断できません。損しても気が付かないということ。
ネットのオンライン査定なら、すぐに査定できるしサクッと3分もあれば出来るのでおススメ。

 

▼  ▼  ▼

 

値引き


 

それでは、この査定額をもとにディーラーと交渉していきます。

 

安く買える時期ってあるの?

はい、あります。

 

決算の時期になるとディーラーでもキャンペーンを行い、お客様を集めようとします。この時期になると特別な値引きも少なくありません。

 

値引き交渉に適しているのはこの時期です。

 

●1月、2月、3月 (決算期)

 

●6月、7月 (夏のボーナス商戦)

 

●8月、9月 (中間決算期)

 

●12月 (年末の大売り出し)

 

この中でも、一番チャンスがあるのは決算期の1月〜3月と8月、9月。

 

当然ボーナス商戦もお得なキャンペーンなどをして、値引きを引き出しやすい時期になります。 この時期に新車のロードスターを買うなら、是非大幅にディスカウントして買いましょう!

 

車種とディーラーはひとつに絞らない

 

値引き

値引き交渉では、乗りたい車が決まっていても何車種かを目星をつけておいて、価格を競わせることが鉄則です。

 

「ロードスターに乗るか決まっていない。まだ何に乗るかまだ迷っている。」

 

ロードスターに乗ると決めていても、交渉の段階では伏せておきます。

 

そして、まだお宅で買うかわからないよ。という状況で契約直前まで駆け引きした方が、値引きしやすくなります。

 

 

 

 

ライバル会社と迷っていることがわかると、値引き額も上がることが多くなります。
乗りたい車とライバル車を競わせるのは、値引きするうえで効果的な交渉手段だといえます。

 

いくつものディーラーと話をする事によって、「値引きしてでも買ってもらいたい!」と言うノルマ達成が厳しいディーラーや営業マンの方に会える可能性が大きくなります。

 

交渉の流れ

いくつかの店舗を回り、対応の良いディーラーを見つける

まずは、営業マンの出方をみる。
初回では本命の車種を伝えず予算も伝えない。

 

『ココで買ったらいくらぐらいになりますか?』とだけ確認し、提示された金額を覚えておく。

 

まずは、話してみて感触の良い、この人なら頑張ってくれそうだなというディーラーを探しておきましょう。

 

他の店が提示した金額をもとに交渉

2、3店舗のディーラーに目星のつけ、そのうちの1つに行き値引き交渉。

 

ひとまず、この時点で値引き額の限界を聞き、『他の店は○○円と言ってくれたよ?』と交渉する。
このやり取りで良い条件がでれば、それをまた別のディーラーで交渉。

 

●まだロードスターを買うか決めていない。

 

●ここのディーラーで買うか悩んでいる。

 

そういったお客さんには、営業マンも必死になってきます。
向こうも営業成績を上げたいので、値引きはどんどん増えていきます。

 

最終段階、ハンコを武器に値引き!

交渉もいよいよ大詰め。
値引きが煮詰まってきた時の最終手段。

 

『 ○○円にしてくれたら、すぐにサインします!』

 

これはかなり効きます。

 

他にも、

 

『ナビをつけて!』とか『端数ヤダ!払いたくない!』

 

とか、言ってみましょう。

 

ハンコを目の前にすると、いつもより交渉しやすくなっているはずです(^^)

 

交渉の最終手段として取っておきましょう。

 

※支払いは現金払いよりも、ローンを組んだほうが値引きが多くなります。(ローンを組むとディーラーに手数料が入るため)

 

ロードスターを値引きするうえで一番大事なコト

 

値引き

これまで、ご説明した内容通りに進めていけば、少なからず他の人よりは安い値段でロードスターを買うことが出来るでしょう。

 

しかし、本体価格とオプションでの値引きには限界があります。最後に値引きで得する人は下取り車の価格をあげる人です。

 

最後の決め手は、下取り車を高く売ることです。

 

 

これが出来なければ、確実に損してしまいます。

 

下取り車の車種や年式などにもよりますが、ディーラーの査定額よりも37万円も高く買い取ってもらったという人もいます。

 

 

■この車を30万円で買い取ってくれるの?
■無料で引き取ってくれるだけでありがたい
■2〜3万円ぐらいつけばいい

 

それは間違いです。

 

本当はもっと価値があるんです!

 

どんな車でも査定に出してみて下さい。
走行距離が10万キロを超えている車や、10年以上乗っていて壊れかけの車でも、確実に予想以上の価値があります。
思わぬ高額な値段がつくことも珍しくありません。

 

私の知っている中で一番査定額が高いのは、オンラインの無料一括査定です。
『 ズバット車買取比較 』なら一度にいくつもの買取店へ査定を依頼可能です。オークションのような状態になるので、思い掛けない高額な値段がつくケースもあります。

 

もちろん査定したからといって、売らなければいけないなんてこともありません。
もしも、ディーラーの方が高ければディーラーに売っても大丈夫です。 

 

最寄りの中古車屋さんに持っていくよりも、間違いなく高額で査定してくれるのでチェックしておきましょう。

 

値引き

 

値引き



車は人生の中でも大きな買い物。買い替えは慎重に。ご利用は計画的に。ほかの人よりお得に購入しましょう(^^)

 

以上がロードスターを限界まで安く買うための進め方です。 相場の事前調査もせずにディーラーにしたがって、下取りも安い段階で購入してしまうと、簡単に数十万円も高くロードスターを購入してしまう事になるんです。

 

もしも買取業者の査定がディーラー査定よりも安い金額だったとしても、それはそれで良かったとすっきりと愛車を手放せますね。

 

・愛車はあくまでディーラーに下取りに出す事にしておいて、最終的に買取店に査定してもらい高値のところに売る
・もしディーラー査定の方が高ければ、これまでの交渉は大成功です。

 

 

 

●値引きサイト一覧

 

http://www.debtloan4u.com/ http://xn--navi-f73cvt8a2jvevkt573apqtb.net/ http://www.dannewbower.com/ http://www.the5ifthelement.com/
http://www.brodiesrockdrilling.com/http://xn--w8jul3bj5aq7zj41tud2a.net/ http://www.goldenbuddhacottages.com/ http://www.seekemirates.com/
http://xn--w8j6czjqfzey69r93vwzl9rp.net/